【ワークマン2021/2022秋冬】バイクに使えるジャケット・ウェア一覧!

大人気となったワークマンの2021年秋冬カタログが発表されています。

その中からバイクに使えそうな製品を見繕ってみたいと思います!

最近は「バイク用」を謳う製品や、明らかにバイクを意識した商品も出てきていますが、かつてのように作業着の中からバイクに使えそうな商品を探すとお宝が見つかるもの。

今回はそんな中からジャケット・ウェアを紹介します。

秋や春に使う少し薄手のタイプと、真冬に使う厚手のタイプとに分けてみましょう。

スポンサーリンク

【ワークマン2021/2022秋冬】バイクに使えるジャケット・ウェアを紹介!(秋用)

HJ014A コーデュラユーロライディングジャケット【3,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

2020年秋冬より登場したコーデュラユーロライディングシリーズ。

ヤングマシンでお馴染みの大屋雄一さんんがアンバサダーとなっている商品ということで、秋用としては最もバイクを意識した商品となっています。

2021年秋冬より型式にAが追加されまして、どうやらレザーが地厚になってよりレザー感がアップしたようです。

簡易的ではあるもののエルボーパッドが付いていたり、耐摩耗性の高いコーデュラが使われていますね。

デザインは好みが大きいですが、「バイクはやっぱり革ジャンでしょ!」という方には刺さるかなと。

革ジャンには望めない防風性能があるのも嬉しいところ。

(革に防風性能がないわけじゃないけど、冷気が伝わって寒い)

裏には起毛素材が使われているようですが中綿などは入っておらず、秋や春先などに最適なジャケットと言えそう。

インナーを調整することで冬もいけるかもしれませんが、細身シルエットということもあり…春秋用とした方が良さげです。

2225 耐久撥水ウォームジャケット【2,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

耐久撥水加工がされているシンプルなジャケットです。

裏地にはブロックフリースが使われており、軽くて暖かくて突然の雨にも多少は期待できる…という存在。

上記画像は黒一色で地味ですが…コスモ柄などの派手派手があるのが魅力でしょう。

防風ではないのでバイクで活躍するのは比較的気温が高い時期。

それだけに季節の変わり目には重宝するかと思います。

一応秋用として紹介するけど、夏の終わりとか春先とかの方が出番が多いかも?

2227 耐久撥水ウォームシールドジャケット【2,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

先ほどの耐久撥水ウォームジャケットと同じシリーズですが、こちらは防風仕様となっています。

バイクで秋冬用…と考えると防風のこちらの方が適しているかも?

裏地は同様にブロックフリースを採用。

そしてサイドポケットがファスナーになっていて、バイク乗車時に物を落とす心配がないのが良いですね。

財布やスマホを落とした日には…。

他の違いとしてはこちらにはサムホールがないこと。

スポンサーリンク

HJ002A 裏アルミフィールドMA-1タイプジャンパー【2,900円/3,500円】

→ワークマン公式サイトで見る

バイカーにも人気のあるMA-1タイプのジャケットです。

フード無しのタイプが2,900円で、取り外し可能なフード(フード付き前立て)が付いたタイプが3,500円となっています。

どちらも裏アルミを採用しているので、街乗りやツーリングなどの運動量の少ない乗り方では保温性が高くて良いかと。

防風ではないので、秋向けのアイテムと言えそうです。

そうそうMA-1は首が寒いです。

UJ1001A ユーティリティM65タイプウォームストレッチジャケット【2,900円】

ワークマン公式通販サイトはコチラ

※上記画像は2020年仕様。2021年仕様が公式通販サイトにアップされたら変更予定

撥水・撥油・防汚のテフロン加工が施されたユーティリティシリーズの中綿入りジャケットです。

2020年秋冬に初登場しそれなりに注目されていましたが、なんだか2021年秋冬の方が注目度が高い印象。

型式にAが付き、新色追加とシルエットの改良がされたそうですが…正直よくわかりません。

新旧並べて見るとシルエットの違いがわかるかも?

防風とは書かれていないものの、そんなに風が通る印象はありません。

中綿はそれほど多くないので、バイク用としては春秋がメインになりそうですね。

そしてM65タイプとなっていますが、デザイン的にはUJ001Dという商品の方がM65っぽい。

(ちなみにUJ001Dは薄手のシャツジャケットなので、バイクに乗るなら暖かい季節じゃないとツライと思う)

こちらは2020年モデルのUJ1001ですが、購入していますのでそちらもどうぞ。

みんな大好きワークマン! 2020年のAWカタログが公開されて、最も気になったのがM65タイプウォームストレッチジャケット(なげぇよ)です...

WM3633 ディアマジックダイレクト防風防寒ジャンパー【2,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

これは確か2019年の秋冬に初登場した商品だったかと思います。

型番が変更されていないので2021年仕様も変更はなさげ。

5chのバイク版で超話題になり、ジェネリックイージスとか街乗りならこれで充分とか色々言われていましたね。

見た目は好みが大きいですが、昨今流行りのアウトドアスタイル。

防風で耐久撥水加工がされており、フードは取り外し可能とバイク目線で見ても良い商品。

ジェネリックイージスなんて言われ方もしていますが、個人的な印象としてはこれは真冬は厳しいと思います。

内側にしっかり着こんで上に羽織るとか、10分くらいのチョイノリとかなら良いでしょうが…。

ただそれが悪いということではなく、真冬用ではなくその前の秋冬用だと思えば2,900円という破格の商品!

唯一の欠点は…背中の反射プリントがカッコ悪くて目立つ…。

あ、アウトドアで思い出しましたがドラマ版(実写版)のゆるキャン△でグビ姉の妹が着ていたことでも話題になりました。

スポンサーリンク

【ワークマン2021/2022秋冬】バイクに使えるジャケット・ウェアを紹介!(真冬用)

WZ5400 デュアル4ヒーター2WAYジャケット【5,800円】

→ワークマン公式サイトで見る

ワークマンからついに登場!

電熱ヒーターを4つも備えたアウターです。

アウターとしても防風で撥水加工されており、中綿も入っているので割と温かいんじゃないかと。

個人的に評価できるほど電熱を使っていないので…なんともだけど、アウターよりインナーの方が効果的な気も。

肌に近いところを暖めて、遠いところは防風などで冷えないように…というのが良いかと思っていますが…どうなんでしょうね?

2WAYの名の通り袖が外れてベストになるというギミック付き。

フードは外せないもののロールアップで固定が可能なため、高速などの利用が多いライダーでも安心です。

バッテリーは別売りで、専用品が必要ですのでこちらのWZ3300をどうぞ。

→ワークマン公式サイトで見る

WM3638 イージス360°リフレクト透湿防水防寒ジャケット【5,800円】

→ワークマン公式サイトで見る

真冬用として鉄板となっている商品がこちらのイージス360°リフレクト透湿防水防寒ジャケット。

元祖イージス(後で紹介)に比べるとジャケットのみだったり、暖かさも少し下回る…とされていますが、デザイン性が高いことで人気商品に。

この記事を書くために改めてカタログを見てみると…防風とは書かれていないんですね。

なんでだろ?透湿だからか?

とは言っても真冬で使える防風性能を持っています。

耐水圧も10,000mmとカッパでは無いので雨天走行は不可ですが、突然の雨や短時間の小雨なら必要十分な性能と言えるでしょう。

リフレクトのため車のライトに照らされたりするととても目立ちます。

夜間走行の多いライダーには嬉しいですね。

フェイスガードというギミックが搭載されていますが、フルフェイス派の人には不評気味。

ジェット派の人からは高評価気味となっています。

またフードは取り外しが可能なので高速走行が多いライダーにも安心。

WM3639B イージス360°リフレクト透湿防水防寒ストロングジャケット【6,800円】

→ワークマン公式サイトで見る

先ほどの商品の色違いに見えますが、こちらはストロングジャケットです。

何がストロングなのかというところですが、デニム・合皮生地を採用し強度がアップしているとのこと。

そして耐水圧が15,000mmと5,000mmアップしているんですよね。

透湿度はデニムの方はノーマルと同様の8,000g/m2/24Hですが、レザーの方は500g/m2/24Hとなるので注意です。

お値段も1,000円アップとなりますので、この2つに関しては「お好みで」という感じになります。

スポンサーリンク

H2J-2 透湿防水防寒ジャケットバイカーズ【4,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

2020年秋冬に登場した、バイク用で冬用としては本命の商品。

2021年秋冬でも品番は同じなので変更はないと思いますが、カワサキグリーンがなくなりブルーグレーが追加されました。

立ち位置としては先ほどの360°リフレクトの位置かと思いますが、お店で触った感じだとこっちの方が少し薄い?かも。

が、公式通販サイトのレビューを読むと、両方持っている人が防寒性能は変わらないと言っています。

こちらの方が軽く感じるので、もしかしたらそのせいかもしれません。

15,000mmの耐水圧に5,000g/m2/24Hの透湿度と、値段を考えると驚きの性能。

カッパではない扱いですが、突然の雨や小雨程度ならいけそうです。

フードも取り外し可能となっており、バイカーズの名前の通りバイク乗りに向けた商品になっていますね。

惜しむらくは…もう少しカラバリがほしい。

気に入っている方には申し訳ないが…去年自分はカーキが気に入ったのにファスナーがオレンジで止めたという経緯があります。

H700 イージス透湿防水防寒スーツ【上下で4,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

バイク乗りにワークマンを浸透させた元祖イージスがこちら。

驚異の価格にもかかわらず…良く見ると上下セットでこの値段!

耐水圧10,000mmに透湿度5,000g/m2/24Hと、値段からは信じられないスペックとなっています。

そして公式には名言されていないものの、上記のイージス360°や次で紹介するリフレクトに比べると最も暖かいのがコレ。

しかも2021年より価格改定となり、6,800円→4,900円と過去の水準に値段が下がっています。

これからバイクに乗り始める、冬にも乗る予定で何も持っていないという方は、コレか次のリフレクトがおすすめです。

H300A イージス透湿防水防寒スーツリフレクト【上下で4,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

こちらが先ほどの元祖イージスの、再帰性反射プリントを搭載したリフレクトです。

細かい部分に違いが見られるのと、比較すると元祖イージスの方が中綿が多いと言われていますが、基本的には単にリフレクト版と思って大きな問題はありません。

こちらも上下で4,900円という驚異のコスパを誇り、同じく6,800円から値下げとなりました!

デザインの違いで選ぶも良し、夜間走行の多い方は安全性を考えてこちらを選ぶも良し。

こちらの商品は購入してレビューしていますので、そちらもどうぞ。

バイク乗りの間で密かに人気が出て、今ではフィーバーを起こしているワークマン。 その火付け役になったとも言えるのがイージスですよね。 ...
スポンサーリンク

HJ006C アルティメットフーデットパーカー【3,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

2019年だか2018年の初登場時に超話題となったアルティメットフーデッドパーカーです。

まぁ話題になったと言ってもバイク用として…ではなく一般向けにですが…。

非常に軽く暖かいことで評判になりましたね。

防風生地を使っているのでバイクでもそれなりの寒さに耐えられそうな商品。

裏アルミが採用されているので、保温性能にも優れているのが特徴です。

フードの取り外しができないので自分のようなオフ車乗りや街乗りメインの方は良いですが、高速が多い方にはちょっと使いづらいかも?

WM3635A ディアマジックダイレクト綿リップ防風防寒2WAYジャケット【3,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

2019年の秋冬に登場した商品ですが、2020年より着脱式ボアライナーを採用しています。

この着脱式ボアライナーが個人的にはどうかなと思う部分ですが、良い面としては着脱により長いシーズン使用が可能になります。

悪い面としては帯に短し襷に長しになりがち。

この商品は実際に購入して使ってはいないので想像でしかありませんが…。

自分はズボラな性格ということもあり、この手の着脱式ライナーって絶対に付けっぱなしか外しっぱなしになるんですよね。

その辺りがしっかりと管理できる方ならおすすめです。

デザインは好みの問題ですが…アウトドアデザインでカッコいいですし、綿リップという名前の通り表面は綿100%です。

そのためシャカシャカ生地ではないので、ウィンドブレーカーやカッパっぽさが少ないのも魅力。

フードも取り外し可能と、バイク乗り目線で見てもかなり良さげな商品です。

肝心の防寒性能としても中綿とボアライナーにより暖かいかと。

もちろん防風生地なので、バイクでも中を工夫すれば真冬も行けるかも。

HJ007 ユーロアルティメットデュアルフーディ【4,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

防風とは書かれていないものの、シームレスで隙間風は入ってこなそうな造り。

そしてカタログに書かれる「極寒対応モデル」というのが気になる商品です。

保温性の高そうな中綿がかなり詰め込まれており、極寒対応というのも頷ける商品。

フードは取り外し可能で、フードのファーのみの取り外しも可能です。

また袖を外してベストにすることも可能なので、アイディア次第では使いどころが色々とありそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということでまとめます。

ワークマンの秋冬カタログから使えそうなジャケット・ウェアをピックアップ!

最近はバイク専用品も販売中!

かなり色々な商品がありますので、正直どれが良いのかと言うと難しいところ。

とりあえず何も持っていないなら真冬用にH700かH300Aを買っておけば幸せになれることは間違いないです。

パンツは不要であったり、デザイン性を求めるなら違う物…という感じでしょうか。

そして秋や春先ように、もう少し薄手のジャケットも1枚選ぶと良いかなと。

ジャケット以外のワークマン製品に関しては、別記事でまとめていますのでこちらもどうぞ。

驚きの値段にもかかわらず、しっかりと使えることで話題となっているワークマン。 最近では「バイク用」を謳った製品も増え、「バイク用」とまでは...

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする