【ワークマン2021春夏】バイクに使えるジャケット・ウェア一覧!

ワークマンの2021年春夏カタログが発表となっています。

その中からバイクに使えそうな製品を見繕っていきますよ。

最近では「バイク用」を謳った製品も増え、「バイク用」とまでは書かれていなくてもバイクを意識した商品も増えてきています。

それだけではなく、かつてのように作業着の中からバイクに使えそうな商品を探すと…お宝が見つかることも。

今回はそんな中からジャケット・ウェアを紹介します。

スポンサーリンク

【ワークマン2021春夏】バイクに使えるジャケット・ウェアを紹介!

CJ005B コーデュラユーロ デュアルジャケットNEO【3,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

まずはこれを紹介するのが当たり前…的なワークマンのバイク用ジャケットです。

アンバサダーにはヤングマシン等でお馴染みの大屋雄一さんとなっており、カタログ写真でもバイクに乗っている姿を使うなど…明らかにバイク用のジャケットと言って良いでしょう。

初登場は確か2019年春夏だったかと思いますが、2020年には型式にAが追加されモデルチェンジ。

2021年春夏には更にBに進み、更にマイナーチェンジが行われています。

2019年モデルと2020年モデルの違いが…正直わからないんですけど(同じに見える)2021年モデルは名称もNEOに!

最大の変更点は取り外し可能な撥水フードが付いたことでしょう。

フードはバイク乗りからは賛否両論あるものの、取り外し可能ということで不要派でも問題無し。

自分みたいなオフ車だとフードは全く気になりませんが、SSとか前傾姿勢のキツくてハイスピードなバイクだとフードは外したいでしょうね。

背中のメッシュ構造も変更されているのか、新開発「3Dオーロラメッシュ」となっているようです。

通気性20倍となっているように、真夏でも風がすり抜けていくメッシュジャケットですね。

CJ008A コーデュラユーロ ライディングメッシュ【3,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

こちらは2020年春夏に登場した、先ほどのコーデュラユーロデュアルジャケットを、よりバイカー向けに特化させたモデル。

名前にも「ライディング」と付けられていますね。

2021年には型式にAが付き、取り外し可能な撥水フードとウェストアジャスターベルトを装備。

フードに関しては先ほどのコーデュラユーロデュアルジャケットと同様に、取り外し可能ですので不要派でも問題無し。

そしてウェストアジャスターベルトは、やっぱりバイク乗りには嬉しいバタつき防止に効果的。

にもかかわらず、お値段は2020年と変わらず3,900円で据え置きです!

あ、さっきのデュアルジャケットはベストに変身する2wayですが…こちらのライディングメッシュジャケットは半袖に変身する2wayです(2020年同様)

デュアルジャケットは作業がベースとなっており、ライディングメッシュジャケットはそれをバイク用に特化させた製品。

どちらを選ぶかは好みが大きいですが…こだわりが無ければこちらでしょうか?

ただデュアルジャケットはお値段変わらずなのに、スマートフォンが入るEUROバッグが付いているんですよね。

CJ007A エアロガード ストレッチ長袖ジャンパー【2,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

ここからはバイクにも使えるかも?という商品です。

専用品ではないので…どうしても目を瞑らなければならないところはありますが…圧倒的なコストパフォーマンスが魅力。

自分にとって使えそうな商品を探すという、ある意味では元々のワークマンらしさが楽しめる商品達です。

まずはエアロガードのストレッチ長袖ジャンパー。

これは2020年春夏に登場しましたが、2021年モデルになってデザインが大きく変更になっています。

最大の特徴は防虫加工と言えそうで、まぁ虫に刺されないってわけではないですが…多少でも効果があるとないでは違うもの。

キャンプツーリングや、自分のように山でラーツーやコーヒーツーをする人間にとっては虫が少しでも寄り付かないだけで快適です。

ストレッチでありポケットも多く、背中の大型ベンチレーションが上手く空気を抜いてくれるならば…春夏用のジャケットとして使えそうな予感。

スポンサーリンク

WM3547A コーデュラユーロストレッチフィールド 長袖ジャンパー【2,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

2020年春夏にも存在したコーデュラストレッチフィールド長袖ジャンパー。

2021年モデルは末尾がAとなりマイナーチェンジされています。

パッと見は同じに見えますが、多少デザインが変更されているようですね。

作業着っぽさのあるワークジャケットとなっており、耐久性耐摩耗性の高いコーデュラナイロンを使用しているのがポイント。

薄手のジャンパーで、背中と脇がメッシュになっているので春夏にサッと羽織って出かけるのに良いかと思います。

WM3550A コーデュラストレッチフィールド MA-1ライトジャケット【1,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

末尾がAとなっていますが…多分2021年春夏の今回が初登場のモデル。

いつの時代でも人気の高いMA-1がモチーフのジャケットとなっていますが、バイク乗りにもMA-1は人気ですよね。

背中が短いのでライディングの邪魔にならないのが個人的には良いと思っています。

これは2021年3月時点では現物を確認できていないのですが…カタログには通気性、ストレッチ性に特化したワッフル生地と書かれているんです。

メッシュジャケットほどではないでしょうが、ある程度通気性が高いと夏でも使える可能性が高まります。

1,900円という値段も魅力ですので、真夏は無理でも春秋用となっても十分に魅力あふれる商品でしょう。

※4月時点で現物を確認しました。

ワッフル生地と書かれているように、非常に通気性の良さそうな素材。

MA-1という名称に騙されて?ましたが、これはバイクでは夏用と言って良いでしょう。

メッシュジャケットよりは暑いかもですが、それなりの気温でも使えそうな雰囲気の商品です。

S002A ストレッチソフトシェルジャケット【2,500円】

→ワークマン公式サイトで見る

ソフトシェルの名の通り、シャカシャカ言わないジャケットです。

圧倒的なストレッチ性がポイントで、バイクに限らず発売されてから色々なところで話題になった商品です。

それなりの厚みがあり、ポケットのベンチレーションのみですので…真夏用とするのは厳しいかなとは思います。

しかしバイクで風を切るには少し寒いかな…という春秋には調度良い商品ですね。

真夏は厳しいですが、ある意味では長い期間使えるためコスパ抜群かなと。

しかもお値段2,500円!

唯一の注意点として…とにかく細い!

小さいというより細いので、いつものサイズを選ぶとかなり窮屈かなと思います。

ストレッチ性が高いので着れてしまうんですが…窮屈感が…。

撥水であり防水ではありませんが、突然の雨にも対応は可能なのが嬉しいところ。

スポンサーリンク

S003 耐久撥水ライトシェルジャケット【2,500円】

→ワークマン公式サイトで見る

パッと見は先ほどのS002Aストレッチソフトシェルジャケットに見えますが、比べると薄手のジャケットとなっています。

しかもこちらは耐久撥水ということで、これまた防水ではないものの…先ほどの商品よりは耐久性の高い撥水加工となっているようです。

170gという軽量さであり、ポケッタブル仕様ということもあり自転車用としている方もいますね。

バイクでも峠や山の上は気温が低いですし、ウインドブレーカー的なものが欲しい時ってありますよね。

ワークマンにはS001Dという1,900円の高撥水シェルジャケットも存在します。

そちらと比べると2,500円と600円アップですが、ストレッチ素材と言うのがバイクには良いかなと。

1212 耐久撥水ストレッチウィンドブレーカー【1,500円】

→ワークマン公式サイトで見る

名前の通り…耐久撥水加工がされたストレッチ仕様のウィンドブレーカーです。

更には防風となっていますので、バイクで風を切るには少し寒いかなという時期に役立つでしょう。

耐久撥水であり防風生地を使っており、更には透湿度15,000g/m2/24hと…1,500円とは思えない高機能商品。

ポケッタブルですのでバイクに積んでおく…なんて使い方もありかと思います。

2261 耐久撥水ストレッチ ウィンドブレーカー【1,500円】

→ワークマン公式サイトで見る

先ほどの商品と同じ名称かつお値段も同じという商品です。

こちらは胸ポケットのないシンプルなデザイン。

胸ポケットがないために、ポケッタブルでもありません。

ウィンドブレーカーを名乗るのである程度の防風性はあると思いますが、スペックとして防風を謳っていないので…先ほどの商品に比べると劣ることが予想されますね。

透湿性も書かれていないので…正直先ほどの同名称のウィンドブレーカーの方が良さげに見えてしまいがち。

しかしこいつの最大の特徴は総裏メッシュ。

そしてロゴが表側に無い!

ワークマンには大変失礼ではありますが…このロゴがないってのは嬉しい人も多い…ですよね?

スポンサーリンク

まとめ

ということでまとめます。

ワークマンの春夏カタログから使えそうなジャケットをピックアップ!

最近はバイク専用品も販売中

かなり色々な商品があり、違いがわかりにくいのがワークマンの特徴とも言えますよね。

最近はバイク用も増えてきましたが、バイク用ではない商品を色々と探すと面白い商品が出てくることも多いです。

カタログや公式通販サイトを眺めて色々と考えるのも楽しいですね。

ジャケット以外のワークマン製品に関しては、別記事でまとめていますのでこちらもどうぞ。

驚きの値段にもかかわらず、しっかりと使えることで話題となっているワークマン。 最近では「バイク用」を謳った製品も増え、「バイク用」とまでは...

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする