【ワークマン】マイクロウォームパンツHP002Cをバイク乗り目線でレビュー!

バイクの冬は本当に寒いですよね。

なので、今年はワークマンでマイクロウォームパンツなるものを買ってみました!

バイク乗り的には4D防風ウォームパンツの方が、防風で良いような気もしますが…履いた瞬間の暖かさでマイクロウォームパンツに。

かなり売れている商品のようで、自分が今更レビューするまでもない気がしますが…レビューしてみたいと思います。

サイズ感4D防風ウォームパンツとの違いなんかも紹介します。

スポンサーリンク

ストレッチマイクロウォームパンツの概要

品番:HP002C

商品名:STRETCH マイクロウォームパンツ

価格:2,900円

公式通販サイトは上記画像からどうぞ。

ワークマン製品は楽天でも購入が可能ですが、現時点では楽天には商品が無い状態となっています。

商品タグはこんな感じ。

カラーラインナップはミックスホワイト、コーデュロイブラック、ゴールドキャメル、ダークグリーン、インディゴブルー、ミックスブラックの全6色。

ただし、ミックスホワイトは10月発売でコーデュロイブラックは11月発売予定だそうで。

恐らくこの2色は限定生産と思われ、ワークマンお得意の?無くなり次第終了かと思われます。

ちなみに自分は画像の通り、ダークグリーンを購入。

特に理由はなく、自分的にはこの色が1番気に入っただけです。

カタログを見ると、色によって微妙に素材の違いがあるようですので…こだわりがある方はその辺りもチェックすると良いかと。

スポンサーリンク

ストレッチマイクロウォームパンツの用途

もちろん冬の防寒着として…です。

バイクに乗る時に使えたら良いなと思っていますが、冬の家着としても使おうと思っています。

一応…バイクブログのつもりですので、もっと寒くなったら実際にバイクで使ってみて感想を追記する予定です。

バイク乗り的に気になるのは防風とは謳われていない事。

ワークマンの防寒パンツというとこのマイクロウォームパンツの他に、冒頭でも触れた4D防風ウォームパンツがあるのですが…違いは後ほど。

防寒対策の基本は防風と保温。

保温性は良さそうですので、冷たい風によって内部が冷やされなければいけそうな気はしますが…この辺りは真冬になったら追記予定です。

10月現在に履くと…かなり暖かい…というか暑いくらいです。

ってか2019年の10月前半は気温が高い。

なぜか夏日のような日も…。

2019.11.22 追記

気温13℃にて出発、帰宅時には8℃の環境でバイクで使ってきました。

山の林道に行ったので、山頂付近は恐らく5℃を下回るくらいかと思います。

まず履いた状態では非常に暖かいです。

以前にも下の方で書いていますが、ヒートテックジーンズやワイルドファイアに比べると明らかに暖かいです。

防風…と書かれていないのが気になるところでしたが、やっぱり風の当たる部分は冷たさを感じます…。

XTZ125に乗っていると、膝部分と股が冷たい…。

明らかに走行風で冷やされているようで、試しにスタンディングすると太もも辺りも急に冷たさを感じます。

元々これで冬を越そうとは思っていませんでしたが…秋から初冬にかけて、くらいがベストなタイミングでしょうか?

保温性は高いので、風を防げればかなりの暖かさが見込めると思います。

ちょっと導入するタイミングを間違えた感が…。

もう少し早くにこれ1枚で使うべきでしたね。

バイクに乗らない環境だと、まさに今がピッタリで…日常生活で重用しています。

既にかなり寒くなってしまったので、バイクの時はマイクロウォームパンツ+イージスリフレクトのパンツで冬を越そうと思います!

イージスリフレクトのレビューはこちらをどうぞ。

バイク乗りの間で密かに人気が出て、今ではフィーバーを起こしているワークマン。 その火付け役になったとも言えるのがイージスですよね。 ...

2019.11.27 追記

あまりにも気に入ったので、色ち買い(色違い)しました!

上が新しく購入したミックスブラック。

下が今までのダークグリーン。

カタログによると、ミックスブラックは綿73%、ポリエステル25%、ポリウレタン2%です。

ダークグリーンは綿98%、ポリウレタン2%となっています。

正直違いはよくわかりません。

スポンサーリンク

ストレッチマイクロウォームパンツの細部

まずは全体像がこんな感じです。

カーゴパンツ風?でサイドポケットが特徴ですかね?

そんなサイドポケットですが、右側はジッパーが付いており…左側は付いていません。

画像は右側。

ジッパー付きのポケットって個人的には好きです。

普段着にはそれほどこだわりは無いのですが、バイクに乗る時はジッパー付き。

ジッパーや、フラップボタンの無いポケットには絶対に物を入れません!

財布を落としたら泣きますので…。

(経験者は語る…)

後ろ側はこんな感じで、右側が普通のポケット。

左側がフラップボタンのポケットになっています。

そしてポケットと言えばコレ!

カタログではシークレットポケットと書かれ、前の左右両方に付いています。

ジーンズのコインポケット?のように二重のポケットになっているのですが、こいつはスマホが入るくらいに大きなサイズが特徴。

まぁ実際使うのかどうかと言われると…正直わかりませんが…。

何にせよポケットが多くて困ることは無い。

そして内側はマイクロフリースとなっており、肌触り最高です。

自分はユ〇クロのヒートテックジーンズや、E〇WINのワイルドファイアとかも持っていますが、パッと履いた状態ではコイツが一番暖かいように思います。

ヒートテックやワイルドファイアの時も、足を通した時に冷たくない!って感動したもんですけどね。

あとは保温性…暖かさをキープ出来れば、この冬のファーストチョイスとなりそうです。

寒くなったら履き比べてみますよ。

ストレッチマイクロウォームパンツのサイズ

170cm55kgの自分はMサイズを購入しました。

身長よりも、ほしいのは股下かと思います…。

一人で測ったので誤差がある気がしますが…一応77cmと、身長に対して平均的な足の長さとなりました。

ちなみにワークマンの公式通販サイトによると、サイズが変われど股下の長さは同じ79cmとのこと。

…そんなことってあるの?

Mサイズがあまりにもピッタリだったので、他のサイズは試着していませんので真偽は不明。

自分はMサイズでウエストもキツ過ぎず、かといってベルトをしなくても落ちたりはしないかな?というジャストサイズ。

足の長さも専用かと思うほどにピッタリ。

裸足で踵のちょっと上までとなっています。

太もも辺りも少し余裕があるくらいで、ストレッチも効いていますので全然キツイ感じはないです。

シルエット的には…まぁ普通?

カッコいいわけではないですが、ダサいってことも無く、本当にピッタリジャストサイズ。

自分のためにあるんじゃないかと思うくらいのサイズ感です。

ちなみに次で簡単に比較しますが、4D防風ウォームパンツ…品番で言うとHP003Bですが、こっちも股下は79cmとなっています。

全サイズ同じで、マイクロウォームパンツと同じ79cm…。

なんだけど、明らかに4D防風ウォームパンツの方が長いです。

通販購入を考えている方は、気を付けて下さいね。

バイクに乗るとなると、ちょっと足は長めにしておかないと裾が上がって出てしまうもの。

しかしマイクロウォームパンツはストレッチがかなり効いていますので、裾が引っ張られて上がるという感じは無いです。

裾上げをする場合でも、普通に靴履いた状態で合わせればOKかなと思いますよ。

スポンサーリンク

マイクロウォームパンツと4D防風ウォームパンツを比較

恐らく多くの方が悩むと思われる、マイクロウォームパンツ4D防風ウォームパンツ。

品番で言うとHP002CHP003Bですね。

まずは見た目の話ですが、4D防風ウォームパンツが細身シルエットを採用しています。

なので、単体で見ると4D防風ウォームパンツの方がカッコいい。

(好みの問題はありますが…)

なんだけど…自分の体系の問題か、履いて見るとマイクロウォームパンツの方がシルエットが良い気が…。

4D防風ウォームパンツは細すぎて体の線が出過ぎるのかも?

ちなみに4D防風ウォームパンツは細すぎて、Mサイズがキツかった…。

買うならばLサイズを買います。

なんだけど(さっきからコレしか言ってねぇな…)、公式通販サイトに書かれている胴囲はどちらも同じサイズ。

Mサイズだとどちらも78cmですね。

明らかにサイズ感がおかしい…。

自分と同じような体型なら、マイクロウォームパンツはMサイズ、4D防風ウォームパンツはLサイズが良いと思います。

そして上で触れたように、4D防風ウォームパンツの方が足が長いです。

なので4D防風ウォームパンツを買うとしたら、裾上げをお店でお願いすることになるでしょう。

お店によって対応が多少違うようですが、別料金の後日引き取りというケースが多いっぽい。

で、公式通販サイトから画像をお借りしますが…こちらをご覧下さい。

保温性マイクロウォームパンツは4/5となっており、4D防風ウォームパンツは5/5となっています。

ですが、マイクロフリースのおかげか…足を通した時に暖かいのはマイクロウォームパンツ。

これは間違いない。

防風シートが風を防ぐ…という意味で4D防風ウォームパンツの方が保温性能が高い表記になっているのか?

風の無い状況、例えば家の中などで履いて暖かいのはマイクロウォームパンツでしょう。

あとはどの程度外気の影響に差があるのか…。

防風シート採用には惹かれましたが、履いた瞬間の暖かさシルエット。

更には言葉では上手く語れないですが…履き心地の良さマイクロウォームパンツを選んでいます。

どちらもお値段2,900円ですので、悩むなら両方買ってみる…というのもアリかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ということでまとめます。

マイクロウォームパンツ HP002Cの詳細をレビュー!

4D防風ウォームパンツ HP003Bとも比較!

履いた瞬間から暖かい、かなり素晴らしいパンツです。

耐久性も高いという謳い文句ですが、内側のマイクロフリースがいつまでヘタらないでいるか…。

防風性がないので、フリースの保温力頼みですからね。

真冬に向けて実際に履いた感想や、1シーズン後の状態なども追記していきたいと思いますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのワークマン! バイク乗りの間でも注目され、爆発的な人気になっています。 そのせいか、最近は明らかにバイクをターゲ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする