【ワークマン】エアロストレッチブルゾンHJ001をバイク乗り目線でレビュー!

ワークマンの火付け役と言ったら、ライダーの間ではイージスかもしれません。

しかし!一般的にはこのエアロストレッチブルゾンではないでしょうか?

よくテレビでも取り上げられていた印象が強いですね。

軽量・ストレッチ・防風ということで…絶対バイクでも使えるヤツだろと購入済み。

かなり売れている商品ですので、自分が今更レビューするまでもない気がしますが…バイク乗り目線で紹介したいと思いますよ。

スポンサーリンク

エアロストレッチブルゾンの概要

※自分が購入したのは2018年モデルのHJ001Cです。

現在購入出来るのは2019年モデルのHJ001Dです。

違いに関して解説します

品番:HJ001C

商品名:AERO STRETCH ブルゾン

価格:2,900円

公式通販サイトは上記画像からどうぞ。

カラーラインナップはミッドブルー、ライムイエロー、バーガンディレッド、ハンティンググリーン、シャンブレーグレー、ブラック、シャンブレーネイビーの全7色。

自分が購入したのはブラックです。

基本的に色による違い…というものは無く、素材や性能は全く同じようですね。

ワークマンは結構色によって素材の配分が違ったりしますので、注意が必要!

HJ001CとHJ001Dの違い

自分が購入したのは結構前ですので、2018年モデルのHJ001Cです。

現在は2019年モデルのHJ001Dとなりますが、変更点について紹介します。

最大の特徴は何と言ってもポケッタブル仕様になったこと!

折り畳むと大型の内ポケットに収納可能となりました。

ぶっちゃけそれ以外に変更は無さそうです。

この変更に伴い、内ポケットが大きくなり…HJ001Cでは500mlのペットボトルが2本収納だったのが…HJ001Dではなんと3本に!

まぁペットボトルの収納本数が増えてどうこう…というよりは、ポケッタブルにするために大きくなったと。

バイク乗り的には、コンパクトに収納可能な現行モデルの方が良いと思います!

スポンサーリンク

エアロストレッチブルゾンの用途

もちろん冬の防寒着として…です。

実はこれはバイク用というよりは、当初は家着として購入しました。

軽くてストレッチが効いているので、少し寒いなと思った時にパッと羽織る用ですね。

しかし防風・撥水なのでバイク用にも使えちゃいます。

春先や秋の少し寒い季節に調度良いですね。

サイズのところで紹介しますが…自分は失敗して少し小さめを購入…。

そのため、アウターと言うよりはミドルインナー?として使用がメインです。

本当に寒い時にイージスの下に着るって感じですね。

ユニ〇ロのウルトラライトダウンを使っているバイカーは多いようですが、あれと同じ感じで使えます。

ちなみに、自分はウルトラライトダウンも持っていますが…こちらの方が暖かい気がします。

まぁ厚みもエアロストレッチブルゾンの方がありますけど。

個人的には、新しいポケッタブル仕様が羨ましい…。

寒かったら着れるようにと、自分は結構リュックに常備してたりするんですよ。

なので、コンパクトになるHJ001Dは良さそうです。

スポンサーリンク

エアロストレッチブルゾンの細部

まず全体像はこんな感じ。

中綿のブルゾンですね。

内側を見てみると、何故か灰色になっております。

外側には小物が入れられそうなポケット付き。

ファスナーの枠?みたいな部分はリフレクターです。

ポケットは左胸の他にも、左右に1か所ずつ。

左右のポケットはファスナーを締めてしまうと、パッと見ポケットが無さそうに見えるデザインです。

ちなみにこの3か所はYKKでは無いので…耐久性に不安が残るところ。

1年使用した状態では…スムーズに動いています。

ポケットと言えば、この商品の売りでもある内ポケット。

この製品は500mlのペットボトルが2本入る仕様です。

2019年モデルになると先ほども書いた通り、3本に容量アップですので大きさも大きくなっているものと思われます。

そして2019年モデルは折り畳んでここに収納することで、ポケッタブル仕様に。

そして…ワークマンと言えば!のリフレクターが左袖と背面に付いています。

こだわりなのはわかりますし、元々は作業着なので…というのもわかりますが…、いらないかな?

まぁアウターに使う場合には、バイク乗り的にはリフレクターはあった方が安全性が高いので…という部分はあるけど。

文字を色々と書いちゃうのは…あんまりね。

昔の車の「DOHC」とか「TwinCam」とか「TURBO」とか…そんな匂いを感じます。

あ、今でも「HYBRID」とか書いてあるから一緒か。

スポンサーリンク

エアロストレッチブルゾンのサイズ

170cm55kgの自分はMサイズを購入しました。

なのですが…ちょっと小さめ…。

大抵どこのメーカーの服でもMサイズが調度良いのですが、ワークマンは試着必須!

結構色々なところで言われていますのでご存知の方も多いと思いますが…ワークマンは小さめが多いです。

と言うか…最近のワークマンのオリジナル商品は小さめが多い。

例えば以前にも紹介した、ヤッケなんかはMサイズでも大きいくらい。

あれは随分昔からある商品ですので…。

(以前に紹介したヤッケというのは、下記製品)

ワークマンで通年販売している、前開きリップヤッケSTRONGです。 上下セットで購入しても1,500円でお釣りがくるという驚きの製品。 ...

自分の場合、Tシャツ着てセーター着て…くらいが限界です。

厚手のトレーナーとかを中に着ようと思うと、結構パツパツに…。

まぁストレッチが効いているので着れないことはないですが。

この手の上着は試着も簡単ですので、お店に行ったら絶対に試着してから購入がおすすめです!

近くにお店が無いから通販しようと思って色々と調べてるんじゃ!って方は、是非ともいつもの1サイズアップをおすすめします。

自分の場合だったらLサイズですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということでまとめます。

軽くて暖かくてストレッチなエアロストレッチブルゾンは非常に便利。

見た目がOKなら春・秋のアウターに。

真冬はミドルインナーに使うと便利。

ちなみにミドルで使う場合には、この製品の袖なし…いわゆるベストも存在します。

→HV001D エアロストレッチベスト

重ね着すると袖部分が邪魔だったりしますからね…。

こっちならお値段なんと1,900円!

袖部分が1,000円ってことか…。

最後までお読みいただき。ありがとうございます。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのワークマン! バイク乗りの間でも注目され、爆発的な人気になっています。 そのせいか、最近は明らかにバイクをターゲ...
スポンサーリンク