【ワークマン2020/2021秋冬】バイクに使えるグローブ・手袋!防寒・防水も

大人気となったワークマンの2020年秋冬カタログが発表されています。

その中からバイクに使えそうな製品を見繕ってみたいと思います!

最近は「バイク用」を謳う製品や、明らかにバイクを意識した商品も出てきていますが、かつてのように作業着の中からバイクに使えそうな商品を探すとお宝が見つかるもの。

今回はそんな中からグローブ・手袋を紹介します。

スポンサーリンク

【ワークマン2020/2021秋冬】バイクに使えるグローブ・手袋を紹介!

PG01 プロテクショングローブ【2,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

バイク専用!と謳われている、ついにワークマンから発売されたバイク専用グローブの筆頭。

今まではバイクに使えそうなものをユーザーが自己責任で転用しており、そこから人気が出たわけですが…ついに専用品が登場しました。

秋冬カタログには載っているものの…モノとしては通年用であり特別防寒性能の高い製品ではないので注意。

カタログからはなぜかブラウンが落ちたものの…公式通販サイトでは販売継続中。

この記事を書いている段階では実店舗でも販売を確認しております。

やぎ革を使っているのにも関わらず撥水仕様というのもポイント高いですかね。

乗るバイクも使う人も選ばない、いわゆるオーソドックスなグローブ。

迷ったらまずコレかな?

PG04 ライトプロテクショングローブ【1,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

バイク専用!という表記は無いものの、明らかにバイク用として開発されたであろう製品です。

先ほどのPG01のプロテクターがソフト仕様になったもの…と言っていいですかね。

先ほどのPG01は…人によってはプロテクター位置が合わないという声も多く、気になる方はこっちがおすすめ。

デザイン的にもこちらの方がシンプルなので、クラシカルなバイクやスクーターなどとの相性が良いかな。

これまた防寒ではないので、使用時期としては春秋がメインかと。

PG05 ウォームプロテクショングローブ【2,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

PG01の冬用とも言える製品。

プロテクターや手の平クッションなどの、機能的な部分はPG01同様ではあるものの形状が違うのは何かのこだわりか?

ウォームの名の通りに中綿入りかつ、内側フリースで手を入れた瞬間から暖かい!

しかし相反する性能として、操作性のダウンは否めないが…これはバイク用品メーカーのウィンターグローブでも避けて通れぬ問題。

(もちろんバイク用品メーカーのグローブの方が操作性が良いが…価格差を考えろ)

何度も言うようにPG01の冬用と言えるグローブなのですが…PG01とお値段変わらぬ2,900円!

どうなっているんだワークマン。

スポンサーリンク

WM298 メカニックグローブタランチュラ【1,780円】

→ワークマン公式サイトで見る

オフロードグローブに最適!

以前はピンクしかラインナップがなかったものの、ライムグリーンが登場!

公式サイトにはピンクが消えているものの…実店舗では販売を確認…したが、そのうち無くなるのかも?

手の甲側にはラバープロテクター、手の平側にはクッションを装備しており、名前の通りに(プロテクター付きの)メカニックグローブです。

作業用手袋にするもよし、オフロードグローブとして使うもよし。

もちろん通年用であり、冬にこれ1枚で使うのは厳しいのはオフグローブと同じ。

EG006/EG007 エクストラガードフィットグローブ【980円】

→ワークマン公式サイトで見る

オフロードグローブとして愛用している人が結構いる…らしい。

自分は正直ノーチェックで、現物をあまりよく見てないので適当なことは言えないが…高いフィット性と薄手の操作性の良さからトライアル系のグローブに近いと思われる。

プロテクターはいらないという方には、980円という圧倒的な価格が魅力になるでしょう。

グローブって消耗品だしね。

AGW11 防水レザーグローブ【1,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

2019年の秋冬のAGW01と同じに見えるが…型式が進んだため何か変更が入ったと思われる製品。

AGW01は防風生地と書かれていたが、今回のAGW11には書かれていないのが気になるところ。

中綿にはシンサレートを使い、イージスの名を冠するだけに防水機能にも期待は出来そうです。

とりあえず冬用の防寒グローブが欲しい!となったらまずはコレか。

スポンサーリンク

AGW12 防水レザーグローブ【1,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

先ほどのAGW11の袖付きと解釈して問題無いと思われる製品。

2019年のAGW02と同様に見えるが、これまた型番が進んだので何らかの改良が入ったと思われる。

ウェアの袖口との相性問題はあるものの…収まるならば袖付きのグローブの防寒性能は間違いないです。

中綿シンサレートに防水仕様と、スペック的にはAGW11と同等。

見た目や好みで選ぶべきではあるが、防寒を考えたら袖付きが一歩有利でしょう。

袖付いてもお値段変わらず1,900円という謎設定。

AGW13 防水レザーグローブ【2,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

オールレザーと書かれているにも関わらず、防水仕様となっている謎商品。

モノとしてはPG04の冬用というのが近い商品ですね。

中綿シンサレートということで、扱いはウィンターグローブになるものの…やはりレザーのため防風性が低いのか…AGW11やAGW12と比べると寒い模様。

(自分は使って無いから検証はしていないが)

しかし1,000円アップでフルにやぎ革というのは…これまたどうなっているんだワークマン的な商品です。

RAG11 防水CSRグローブ【980円】

→ワークマン公式サイトで見る

ナイロン100%の完全防水グローブ。

360°反射プリントを採用し、安全性も高いものの…グローブに反射プリントってどうなのかと思わなくもないですね。

厚手の合成ゴムが中層に使われているため、完全防水かつ冷たい走行風からも手を守ってくれることが期待される商品。

しかし反面、厚手ということとゴムのグニっと感により操作性がイマイチなのも事実。

通勤スクーターなどには向いているかも?

スポンサーリンク

0303 防水ネオプレーングローブ【1,500円】

→ワークマン公式サイトで見る

防水のネオプレーングローブ。

一部で雨用グローブとして圧倒的な人気を誇るのがネオプレーングローブです。

本来は濡れても冷たくならない…というのがネオプレーンの特徴なのですが、更に完全防水ということでレイングローブとして使っている人が多いですね。

作業用のグローブとしても一般的であり、水作業はもちろん冷凍庫などでも使われるように防寒性能にも優れているのが特徴。

バイク用のネオプレーンといったらデイ〇ナが有名ですが、その半額以下で買えるという恐ろしい商品。

ちなみにワークマンには「0204防水ネオプレーングローブ迷彩」という製品もあり、こちらは1,936円。

違う会社が作っているのかもしれないが…俺には同じに見えるぞ。

FOW22 ストレッチフィット手袋【780円】

→ワークマン公式サイトで見る

裏起毛でストレッチの効いたグローブ。

手触りがよく、裏起毛の為に手を入れた瞬間から暖かいのが特徴。

2019年にはFOW02として販売されており、型式が進んだことで何らかの改良が入っていると思われます。

レビューを見ると、どうやら生地が厚くなりより暖かくなったとか。

防風性能は皆無かつ、すべすべの手触りの代わりにかなり滑るので…これ1枚でバイクに乗るのはおすすめしません。

しかしインナーグローブとしてはなかなか優秀なヤツとなっています。

2019年モデルのFOW02ではありますが、購入レビューもありますのでどうぞ。

ワークマンのバイク向けグローブと言ったら、やっぱりイージスの防水手袋であるAGW01かAGW02って方が多いですよね。 しかし自分はなんと...
スポンサーリンク

まとめ

ということでまとめます。

ワークマンの秋冬カタログから使えそうなグローブをピックアップ!

最近はバイク専用品も販売中!

今まではバイクにも使えると言っても…「使えないことはない」といった状況だったのも事実。

しかし近年はバイク専用品も開発されているように、かなり力を入れているために良い商品が増えてきています。

それでいながらバイク用品メーカーの価格から考えるとあり得ない金額ですからね。

これからも良い物を安く作ってほしいところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする