【ワークマン2021】バイクに使えるブーツ・安全靴・シューズ一覧!

ワークマンの2021年春夏カタログが発表となっています。

その中からバイクに使えそうな製品を見繕っていきますよ。

最近では「バイク用」を謳った製品も増え、「バイク用」とまでは書かれていなくてもバイクを意識した商品も増えてきています。

それだけではなく、かつてのように作業着の中からバイクに使えそうな商品を探すと…お宝が見つかることも。

今回はそんな中からブーツ・靴を紹介します。

スポンサーリンク

バイクで安全靴は危険なのか?シフト操作はできる?

バイクで安全靴は危険?

ワークマンのおすすめ製品を紹介する前に、個人的に気にしていることがこちらです。

ネット上では色々な意見があり、代表的なものとしては事故の際に鉄板で足の指を切る可能性があるというもの。

これはハッキリ言ってわかりません。

自分も学生時代に安全靴でバイクに乗っていた時期がありますが、幸いにも事故はありませんでした。

周囲の人間で安全靴で乗車時に事故を起こした人はいましたが、特に足に怪我はしていませんでした。

しかし調べてみると安全靴の鉄板で怪我をした…という方が出てくることも事実。

あくまでも1つの考え方ですが、自分としては「バイク用のシューズに鉄板は入っていない」のが全てだと思います。

危険だからなのか、必要がないからなのか…それによっても結論は変わってきますが…。

ただ鉄板以外の部分では、普通の靴よりも遥かに丈夫であり、くるぶしが隠れるハイカット・ミドルカットの製品が多いことと、普通のスニーカーなどよりは安全な気がしますよね。

かなり投げやりな結論ですが、安全靴を使うのであれば自己責任でということに。

鉄板で指を切るような衝撃が加わった時には…普通の靴でも指が潰れている気もしますしね。

安全靴はシフト操作できる?

バイクで気になるのはシフト操作がちゃんとできるのか?というところですよね。

ネットで調べても「やりやすい」という人と「やりにくい」という両極端な意見が出てきて迷っている方も多いのでは?

結論から言ってしまうと、これは車種によりけりだったりします。

自分が使ってた時の感想としては、鉄板が入っているためダイレクト感と言うか…カッチリ感があってシフト操作はしやすいと思いました。

足の指にシフトペダルの感覚が伝わりにくいので、それが気になる…という方はいるかもしれませんが…。

自分としては靴や指のたわみや遊びがなく、カチッカチッとした感覚が結構好きでしたね。

一般的な靴やバイク用のシューズと比べると、つま先部分の鉄板のためか厚みがあるのが安全靴です。

そのため、ステップとシフトペダルの感覚が狭い車種やストロークの短い車種だとやりにくさを感じるようです。

しかしこの辺りはある程度、シフトペダルの位置調整で改善可能かと。

あ、あとスーパースポーツ系が顕著ですが…ステップが高めで足首が曲がるような車種だとダメになるのが早いです。

スポーツライディングの時が分かりやすいですが、つま先をペダルではなくステップに乗せるとつま先立ちみたいになりますよね?

それが続くと、鉄板の後ろ部分…ちょうどつま先立ちで曲がる部分が鉄板に当たり続けて…靴が破れて鉄板が出てきます。

こういった車種はシフトストロークも短めだったりしますので…あまり安全靴は向いていないかもしれません。

…と結構否定的な事を言いましたが、やはり圧倒的なお値段と丈夫さを考えると安全靴を使いたいという方もいるでしょう。

デメリットを理解した上で使用するというのは全然アリですからね。

余談部分が長くなってしまいましたが、ここからワークマンでバイクに使えそうな商品を紹介します!

スポンサーリンク

【ワークマン2021春夏】バイクに使えるブーツ・靴を紹介!

HS470 足首フィットハイカットセーフティシューズ【1,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

カタログや公式通販サイトでもバイクと一緒に写る画像が使われている商品。

バイク用とは謳っていないものの、バイクで使う事を推奨しているかのような製品です。

脛まで守れるハイカットであり、紐靴ではないので引っ掛かる心配もありません。

見た目は重そうで暑そうですが、メッシュタイプで合皮ということもあり非常に軽量かつ蒸れにくのも特徴です。

そしてお値段が驚異の1,900円!

見た目もある意味ではバイクっぽいとも言えるので、まずはここからというのが良いでしょうか。

SH2015 ロッキー長編みマジックセーフティシューズ【2,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

こちらもパッと見は同じような製品に見えますが、牛革となっております。

お値段は1,000円アップですが…それでもまだ2,900円という驚異の品。

くるぶし部分に補強が入っているように見えますし、マジックテープ部分にリフレクターと安全面でもパワーアップ。

予算との相談ですが、敢えてこちらにするというのも1,000円以上の価値があるかもしれません。

スポンサーリンク

501 セーフティシューズ【2,500円】

→ワークマン公式サイトで見る

パッと見はただのミドルカットのスニーカー!

バイクの車種・カテゴリーを問わずに何にでも使えるのではないでしょうか?

バイクを降りた後でも違和感なく使えそうなのもポイントですね。

セーフティシューズということでつま先には鉄板が入っています。

紐靴ですので細かいフィット感の調整がしやすく、それでいて足首部分のベルクロで紐を隠せるところもバイク向き!

しかし…この商品…紐をマジックテープで止めるとケバケバになるんですよ。

紐がほどけやすいという意見も多いですね。

それらを考えると、マジックテープに付かないタイプの靴紐に交換する必要があるかなと。

靴紐なんて大した金額じゃないし、入れ替えも面倒じゃないって方にはおすすめです。

101 セーフティシューズ【2,900円】

→ワークマン公式サイトで見る

先ほどのセーフティシューズと同シリーズです。

こちらは紐ではなく3か所のマジックテープを使っている点が異なり、そのせいか見た目が少しスポーティな印象ですね。

クラシカルなバイクだと先ほどの商品の方が合いそうですが、スポーツ系ならこちらの方が合うかも?

この商品は基本的に先ほどの商品と同じなのですが…よくよくつま先を見て下さい!

そうシフトパッド搭載!

いや…シフトパッドではなく「つま先を保護する親指タフパッド」と書かれていますが、どこからどう見てもシフトパッド。

バイク用のシューズは左足の親指に必ずシフトパッドが付いており、ここの劣化はマニュアル車の宿命ですよね。

バイク用ではないお気に入りのブーツを使って、左足だけボロボロにしてしまった…なんて方も多いハズ。

バイク用品メーカーからは後付けのシフトパッドが販売されているように、ここの耐久性は大事なところ。

このシューズは最初からシフトパッド…じゃなかった、親指タフパッド採用です。

6527 防水サファリシューズ【1,500円】

→ワークマン公式サイトで見る

1,500円で完全防水!

ワークマン大人気の製品として話題になったのが、この防水サファリシューズです。

バイクで使うには色々と思うこともあるのですが…値段と防水ということを考えると弱点に目を瞑れればアリでしょう。

パッと見はブーツっぽいですが、近くで見ると合成ゴムなので長靴です。

そのためかなりの防水性能が期待できます。普通に使うならね。

と言うのは…ベロの部分が一番上まで繋がっていないので、シューレースの下から3個目くらいを超える水深だと水が入ってくるのです。

商品説明にも「接地面から約7cmまで防水性あり」と書かれており、それより上の防水性能は謳っていないんですよ。

通常使用であれば全く問題ないのですが、バイクに乗ると足首の角度の問題か…結構浸水する印象。

また紐靴なので乗り降りの際に引っ掛けて立ちゴケしないように、紐を中に入れるなどの工夫も必要です。

バイクで使うと完全防水とは言えませんが、スクーターなどであれば足の角度的に水が入りにくいハズ。

雨の日でもバイクに乗る方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

ということでまとめます。

ワークマンのカタログから使えそうなブーツ・靴をピックアップ!

安全靴の可否は自己責任で

近年はバイク乗り目線の商品が増えてきている印象ですよね。

ブーツも近いうちにもっと良い商品が出ることに期待。

現時点では安全靴の中からバイクに向いてそうな物を探し出す、という感じですね。

ブーツ・靴以外のワークマン製品に関しては、別記事でまとめていますのでこちらもどうぞ。

驚きの値段にもかかわらず、しっかりと使えることで話題となっているワークマン。 最近では「バイク用」を謳った製品も増え、「バイク用」とまでは...

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. barracuda374 より:

    こんにちは。
    私は2番目の安全靴を仕事で使ってます。
    最近のは以前のよりも質が落ちてる感じですね。
    個体差も大きい感じがします。安いのでしょうがないですね。
    1年に1足ペースで買い替えてます。

    オートバイではシモンの安全靴(半長靴)履いてますね。
    爪先鉄芯の危険は考えてませんでしたね。
    確かに言われればそうかもしれません。
    ただ仰るように、耐圧以上の荷重がかかると当然壊れますので、
    そうなったら普通の靴なら足先はとうに潰れてますね。
    看護師やってた女房から、そういう事故の患者さんにも遭遇したことがあるそうです。
    どのみちダメになるなら普通の靴の方が処置が楽と言ってました。
    整形外科担当時のゾッとする話をたくさん聞かされました(笑)

    話が逸れましたが、私はたぶんこの先も安全靴をブーツ代わりにすると思います。
    勿論オートバイ用のブーツもライディングシューズも持ってますし使ってますが。
    そうそう、最近ワークマンでメッシュパンツ買いました。
    申し訳程度ですが膝に薄いパッドが入ってるんですね。
    市販のパッドも入れられるので、メッシュジャケットよりもいいなと思って買いました。

    最近のワークマンはレジャーユース品も増えましたが、
    以前のワークマンで流用出来ないか考えながら買ってた頃が面白かったですね。
    思わぬ掘り出し物もありましたしね。
    今回もありがとうございました。

    • Y より:

      barracuda374さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      自分も安全靴は割と肯定派と言うか、下手にスニーカーとかより安全だと思っています。
      鉄板の危険性は…あり得るかもしれないけど確率は低そうですし。
      バイク用品だと安くても1万円くらいからですからね…。
      専用品が1番ですが、高過ぎると感じるなら安全靴はアリじゃないかなと。

      昔のワークマンの方が面白かったのは、全くもって同意見です。笑
      人気が出たせいか、品質も少し落ちている気がしますし値段も上がった気がします。
      本来の作業着の方も大事にしてほしいものですね。